家ができるまで

はじめてのご相談から家ができるまで約1年かかります。
40坪の木造住宅を例に、家づくりの流れと必要な設計監理費や諸経費をご説明します。

期間 打ち合わせ内容 設計監理費 諸経費
1.初回ご相談 設計事務所での家づくり (新築住宅) は、システムを十分にご理解いただくことから始まります。 まずは、お客様にふさわしい家づくりの進め方のご相談や、これまでの作品集をご覧頂きながら 家づくりのご説明をさせていただきます。
また、その際には敷地の住所や形状、面積など、土地の条件が分かる資料がありましたらご準備ください。
3~4週間 2. ファーストスケッチ 初回ご相談の内容と土地の条件をもとにファーストスケッチ(間取り図)と設計監理料のお見積りを作成し、プレゼンテーションいたします。
ぼんやりとしていたイメージが具現化するエキサイティングな瞬間です。
3.設計監理契約 ファーストスケッチにご納得いただけましたら、暫定的に決めた工事金額から設計監理料を算定し設計監理契約を行います。 基本設計料
(設計監理契約時)
2か月 4.基本設計 ファーストスケッチをもとに、みなさんがどんな生活に魅力を感じているか,その価値観,ライフスタイルを伺いながら間取りを決定していきます。模型や図面を用い,打ち合わせを繰り返し行いながら,お互いのイメージを共有し,建物の形状を決定していくとても大切な時間となります。また必要に応じて、敷地の測量や地質調査を行います。 敷地測量費
地盤調査費
2か月 5.実施設計 工事のための詳細な図面を作成します。図面が一式出来上がりましたらクライアントにご説明のための打ち合わせを行います。設計の内容に思い違いがないか、見落としている箇所がないか確認を行い、工務店などの施工業者への見積もりを行います。 実施設計料
(実施設計完了時)
1か月 6.見積もり、査定 建設場所やご予算、構造を考慮して3社程度に見積もりを取ります。
提出された見積書は内容を厳しくチェックし金額が適正か、また設計図面の内容に適った見積もりであるか確認します。
1か月 7.予算調整 見積もりがご予算をオーバーしている場合、設計内容の見直しや施工方法の検討を行い、予算への擦り合わせを行います。
8.確認申請 施工業者への見積もり期間中に、確認申請をはじめとした各種許認可申請を行います。 建築確認申請
手数料
9.施工業者の決定
工事請負契約の締結
提出された見積もり内容や過去の業績から施工業者を決定します。
お客様は施工業者と工事請負契約を結んでいただきますが、この後設計事務所は公平中立な立場で監理業務を行います。
監理料の1/2
(工事契約時)
5か月 10.着工 着工に先立ち、敷地を清め安全を祈願する地鎮祭を行う場合、氏神様でやっていただくよう手配をします。
その後、いよいよ工事がスタート。土工事、基礎工事、木工事、仕上げ工事という順に行われていきます。上棟式は木工事の最中で柱、梁、棟が組みあがったタイミングに行いますが、省略される方は多くいらっしゃいます。
また、設計監理業務として定期的に工事現場を確認し、図面と工事内容が合っているか目視にて検査を行います。

式典費

11.仕上げ打ち合わせ 設計図面に記載されている仕上げや金物、設備機器や照明器具の最終確認を行います。面積の大きな外壁やインテリアについてはサンプルも準備して色味の決定をします。また工事中、現場を見学されたい場合は適宜ご案内いたします。
12.竣工検査 建物が完成したら、施工者による自主検査、役所による完了検査、設計事務所による設計事務所検査をおこない、さらにお客様による施主検査をしていただきます。手直しが必要な場合、引き渡しまでに是正工事を行います。
13.引き渡し 工事費、設計監理費のご入金とともに、家の鍵や保証書、確認申請書など重要書類をお渡しいたします。 監理料の1/2
および清算金
(完成引き渡し時)
登記費
引越し費用
水道分担金
14.アフターメンテナンス 引き渡し後に不具合には迅速な対応と進捗状況のご報告をいたします。またお客様に末永く住み続けていただけるよう、定期的な点検や改修、増築のご相談を承ります。